2006 1st Impression 8 アート展

2009/6/8〜6/14まで、横浜市民ギャラリーにて開催しました 「ギャラリーあを 5th Impression8+ アート展」 
(第5回あをアート展)は、1000人を越えるお客様にご来場いただき、そのお一人お一人のお心に支えられて
会場いっぱいに「心の音色」が共鳴しているような素敵な空間となりました。

たくさんのお客様とお話させていただきましたが、作品を「見てくれている」のではなく、作品から「感じてくれている」
という感じを多く受けました。 そして・・数え切れないほどの温かいお言葉もいただきました。

何日も、何回も、会場に足を運んでいただいたお客様が何人もいらっしゃいました。

作品を見ていて涙していただいたお客さまもいらっしゃいました。

作者其々が「想い」を込めた作品たちに、これ以上ないというほどの触れ合いをいただいたアート展でした。

みなさま、お一人お一人のお心に、作者一同、心から、心から・・・感謝しております。

本当に、本当に・・  本当にありがとうございました。m(_ _)m



アート展の会場の様子は下記バナーよりお入りいただき、ご覧いただけます。
(スライドショー形式となっており、音楽が流れますので環境にご注意ください。)












▼会場 ご挨拶


 ご来場の皆様、本日は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。
 2006年11月の第1回アート展から、早いもので、今回、第5回のアート展を迎えるにいたりました。
 多くの皆様にお越しいただき、温かなお心をいただいたお陰とメンバー一同、心より感謝しております。

 今回のアート展は、作者それぞれが感じるところの「音色 -TONE-」を表現したものであります。

 皆様は「音色」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか・・・

 爽やかな朝に囀る鳥の声、清流のせせらぎ、そよ風に揺れる木々の葉音、こころを濡らす雨音・・・
 そんな静かな音に奏でられる色や、華やかな色や優雅な音から感じられる音色もあることでしょう。
 色の無い風や空気からも「音色」として、それを心感じる方もおられるでしょう。

 音や色、空気感、心模様が重なり合い、溶け合って、其々の人の心に奏でられる様々な「音色」。
 環境や心の在り様で、いかようにも変化していく「音色」。 抽象的なテーマではありますが、作者其々が
 感じ
捉えた「音色」を個々の作品から少しでも感じていただけたら・・・ と願っております。

                             ギャラリーあを 主催責任者  松戸   海

▼ご案内状
▼お礼状
TOPPAGEへ戻る